深川江戸資料館

財団ホーム深川江戸資料館イベント・講座情報

イベント情報

イベント一覧過去のイベント

開催前twitterfacebookgoogle +

伝統芸能公開

力士の囃子唄 相撲甚句イベント

詳細

開催日
2018/6/10(
開催時間
①13:30~14:00   ②14:30~15:00
会場
常設展示室 火の見櫓前

イベント内容

「あーどすこい どすこい」などの合いの手が入る、独特の節回しで唄う相撲甚句は、力士や相撲の舞台となった各地の名所などを取り上げ、現代まで唄い継がれてきました。
今回は伝統的な相撲甚句から、現代の新しい甚句までを、ご紹介します。
甚句から、相撲の長い歴史を感じてください。

《相撲甚句》

相撲甚句は、江戸時代 享保頃(1716~1735)より唄われていたと云われます。勝負に生きる力士への憧憬と悲哀、ふるさとへの郷愁、そして力士と人々を結ぶ心の絆として江戸時代から唄い継がれています。
「あーどすこい どすこい」ではじまり、「前唄」「後唄」「本唄」の順に唄います。鳴り物がなく、唄のみで力強く唄い上げるのが特徴です。
唄の内容は横綱や大関などの力士や地方巡業地の名所を唄ったものなど、古典から現代まで様々な種類の甚句があります。
 

《江東相撲甚句会》

講師:荒俣武雄(全国相撲甚句会師範)
江東区文化センター講座よりスタートした自主グループ。
古典から新作まで、幅広い相撲甚句を取り上げて練習を重ねています。全国相撲甚句大会、亀戸天神社での披露をはじめ、精力的に活動を展開しています。

《主な曲目予定》
前唄 土俵の砂付け
後唄 さらばヤ
本唄 48代横綱大鵬   
花ずくし  
江戸相撲
北斗七星  
江戸の華              
江東相撲甚句会 
当地興業                       
甚句三本じめ
出 演江東相撲甚句会
料 金常設展示室観覧料(大人400円、小中学生50円)でご覧いただけます。
申込方法予約不要。直接お越しください。
その他中学生以下の方は、保護者同伴でお願いします。

前のページに戻る全てのイベントから探す

pagetop