講座情報

講座一覧過去の講座

twitterfacebook

【後期】江戸・深川の藩邸へようこそ!

~深川蛤町・三河吉田藩「江戸日記」を中心に~

講師
豊橋市美術博物館学芸員
久住祐一郎 ※資料写真は、吉田藩江戸日記の一部

開催期間
2022/10/22() ~2022/12/10(
講座実施日や時間等は状況に応じて変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
回数
3回
開催日
2022/10/22(文献資料から見る大名屋敷の裏側
2022/11/26(江東区にあった三河吉田藩下屋敷
2022/12/10(江東区清住町(現清澄3)津山藩抱屋敷と亀戸近江仁正寺藩下屋敷
時間
14:00~15:40
会場
亀戸文化センター 7階会議室
講座番号
280441
備考
江東区文化コミュニティ財団では、講座実施に際し、江東区の方針に基づく財団ガイドラインにより、新型コロナウイルス感染症拡大防止に最大限努めます。ご協力をお願いします。
① 検温 来館前に検温をお願いします。発熱、体調不良等の場合、出席をご遠慮ください。
② マスク着用 マスクを着用して受講ください。
③ 手洗い、アルコール消毒 受講の前後に手洗い、アルコール消毒を行ってください。
④ 受講生同士の間隔確保 接触を防ぐため座席の間隔を空けています。
⑤ 換気の徹底 空調設備による常時換気とともに、ドア・窓を定期的に開放して換気をしています。
⑥ 受講生名簿の扱い 感染発生等の場合、保健所等の公的機関にお名前・連絡先を提供することがあります。

内容

江戸・深川蛤町にあった、松平伊豆守家の下屋敷生活ぶりが三河吉田藩に残る「江戸日記」より明らかになりました。調査・研究に携わった豊橋市美術博物館学芸員久住祐一郎氏より、大変貴重なお話しを2回にわたり伺います。関連して、江東区文化財主任専門員の出口宏幸氏より、清住町(現清澄3)にあった津山藩抱屋敷、亀戸にあった近江仁正寺藩の下屋敷についてもふれます。リアルな人間としての武士と、江戸時代の人々の生活を明らかにしていきます。

※画像をクリックすると大きく表示されます

講座申込

申込区分
【抽選】
※定員を超えた場合は抽選で受講者を決定いたします。また定員に達していない場合は、募集期間後も先着順で受け付けいたします。
申込方法
インターネット・はがき・携帯・電話・FAX・窓口
申込期間内にお申込みください。先着順ではありません。
申込期間
2022/9/10()~2022/9/24(
対象
一般成人
定員
30名
受講料
4,000円(全3回分)
教材費
300円(全3回分)
問い合わせ先
江東区亀戸文化センター
電話番号03-5626-2121
FAX番号03-5626-2120

前のページに戻る全ての講座から探す