芭蕉記念館
講座を受ける
講座情報 講座申込
施設を利用する
施設予約・空き状況

2/10更新
【結果発表】第4回 芭蕉庵国際英語俳句大会
The 4th Basho-an International English Haiku Competition

結果発表 (Result)

第4回目の大会に世界34の国と地域から1,562句の応募をいただきました。
たくさんのご応募をありがとうございました。
「芭蕉庵賞」(各選者1句)が決定しましたのでご紹介いたします。

For our 4th contest,we received 1,562 haiku(phrases) from 34 countries and regions.
Thank you for your applications.
We will introduce "Basho-an Award"(Each of the two judge's awards)decided.

【芭蕉庵賞】Basho-an Award

sea fog
in the palm of my hand
a pearl

Poroshina Maria(ロシア Russia)

長谷川櫂先生 選

〈評〉特選の句は一撃で読者の心を動かす。
俳句に必要なのは、言語の相異を超えて何よりも詩の力である。
教訓も説明も要らない。
今回の投句を見るかぎり、ロシアの投句者の「俳句に対する愛情と理解」はトップクラスである。
一方、全投句(1562句)の半数近くを占める日本からの投句は一句も選べなかった。
俳句という文学をよく理解していないのではないか。

Mr.Hasegawa selected

〈Comment〉The haiku which I selected for a “Basho-an Award” moves readers’ hearts with a single strike.
At the core of haiku, regardless of language differences, is the power of poetry.
A strong focus on moral lessons and explanations is unnecessary.
After reading every entry haiku, I felt that the Russian poets’"love and understanding of haiku" was top class.
On the other hand, I did not choose any haiku from Japan, even though they constituted nearly half of all entries(1,562 haiku).
I’m afraid they may not understand the literature of haiku well.

受賞者からのメッセージ

光栄に思い、感謝いたします。大変嬉しく思います。

Winning message

Thank you for the honour. I am very happy.

peace memorial
I walk a mile
in father’s shoes

Vandana Parashar(インド India)

藤田直子先生 選

〈評〉平和を「平和記念碑」で、平和への長い道を「1マイル」で表現している。
「父の靴を履く」のは父の代わりになるという意味である。
平和の実現のために生きた父の意志を継ぎたいと思っているのであろう。
親から子へと平和の尊さを受け継いで行くことに感銘を受けた。

Ms.Hujita selected

〈Comment〉“Peace” is represented by the "Peace Memorial", and “the long road to peace” is represented by "1 mile". "Wearing father's shoes" means taking the place of the father.
Perhaps the author wants to follow in the footsteps of their late father’s work towards the realization of peace.
I was touched by the legacy to value peace, carried on from parent to child.

受賞者からのメッセージ

特選をいただき、大変光栄に思います。
藤田先生と大会の主催者に、そしてこの伝統の一員となれたことに深く感謝いたします。
いつか日本を訪れて、偉大なる俳人や俳句という芸術についてもっと学びたいと思っています。

Winning message

Receiving Basho-an award is a great honour and I am deeply grateful to Ms Fujita and the organisers for this award and the opportunity to be a part of this tradition.
I hope to visit Japan sometime and learn more about the masters and the art of haiku.

newly-turned leaves
she embraces the grey
in her hair

Julie Schwerin(アメリカ USA)

リンズィー先生 選

〈評〉この句の一行目は、赤や黄色の見事な色合いの葉をつけた多くの木々の姿を思わせます。
そして、草や灌木さえも秋の色を纏っていることがわかります。
このイメージの物差しが、”newly-turned”という極めて具体的な切り口と、”leaves”という概してすべてを抱含する言葉の巧みさです。
私たちは秋の葉といえば、自然に木の葉を思い描くけれど、この詩人が暗黙のうちに植生のことを述べたのではないことに気付きます。
だから私たちのイメージは、秋に変身するすべての植物に広がっているに違いないのす。
”newly-turned”という語句は、これらの葉が瑞々しく美しく、新しい段階に移り始めたのだという印象を与えます。
そしてこの表現が、“turning over a new leaf”のフレーズを思い起させます。
スティグマ(を持つこと)無しに、女性が白髪のままでいることも不思議ではないのです。
すべてのものは、一番低いところの草でさえ変化します。しかし美しさは残しています。
実際、それらはさらに美しくなってさえいます。
時の進行は、戦うものではなく受け入れるものなのです。

Mr.Lindsay selected

〈Comment〉The first line of this haiku conjures the image of a large number of trees with their leaves in brilliant shades of reds and yellows.
We then realise that even the grasses and shrubs have taken on their autumn hues.
The scale of this image is due to the masterful use of "newly-turned", giving an extremely concrete facet to the scene, and "leaves" being all-encompassing in its generality.
We naturally first think of tree leaves when picturing autumn leaves, but then we realise that the poet did not implicitly state the type of vegetation, and so the image in ours minds therefore must widen to include all the plants that undergo an autumn transformation.
"Newly-turned" makes these leaves fresh and beautiful, giving the feeling that they embark on a new phase in their existence, not least because the expression stimulates us to recall the phrase "turning over a new leaf". It is no wonder that the lady wears the grey in her hair without stigma! All things change, even down to the lowliest grass, but they remain beautiful. In fact, they have become even more beautiful. The march of time is not to be fought but to be embraced!

受賞者からのメッセージ

なんと素晴らしい知らせでしょう!心から感謝いたします。

Winning message

What wonderful news! Thank you so much.

※次回、第5回(2022年)大会の募集要項は、2022年夏頃に発表いたします。
※Information on submissions for the 5th Basho-an International English Haiku Competition will be announced around summer 2022.

▶第1回芭蕉庵国際英語俳句大会(2018年開催)
▶第2回芭蕉庵国際英語俳句大会(2019年開催)
▶第3回芭蕉庵国際英語俳句大会(2020年開催)

芭蕉庵国際英語俳句大会について

ここ江東区深川(現在の江東区常盤)は、松尾芭蕉が晩年住んでいた「芭蕉庵」があったところです。
芭蕉の著名な俳句、「古池や蛙飛びこむ水の音」は、この芭蕉庵で作られました。
芭蕉庵国際英語俳句大会は、英語で俳句を作り、楽しんでもらうために開催します。
世界中の、英語俳句を楽しんでいる方、これから始めてみたいと思っている方、どなたでもご参加ください。

Entry Rules for The 4th Basho-an International English Haiku Competition

Applicants

This contest is for anyone, regardless of experiences and nationalities.

Deadline

All submissions must be received between August 10 and November 10, 2021. (Japan standard time)

Application guidelines

  • Entries must be submitted via form, using the entry form available in the website of this contest.
  • A participant can send one piece of Haiku in each entry form. However, each participant can enter up to 10 Haiku by sending multiple entries. (We will appreciate it if the Japanese translation is attached to the Haiku, though it is not required.) A seasonal word is not required. Each haiku piece should be written in 2 to 3 lines.
  • The entry must include the participant’s name, current address, gender, age, and e-mail address. (Gender and age are optional.)
  • The haiku must be original and unpublished work.
  • Errors in spelling English Haiku will be corrected by the office.
  • The haiku work should not counter public order and morality.
  • Submitted work cannot be altered nor returned.

Fee

No entry fee is required.

Contest results

Winners will be notified via e-mail at the end of December, 2021.

Publications

Awards will be announced on the contest’s website and on Koto-ku Culture and Community Foundation’s newsletter “Culture Navi KOTO”.
In addition, winning pieces will be published in the “41th Sigureki Haiku Competition’s Selected Haiku Anthology” in October 2022.

Personal information

Personal information submitted in application is strictly used for this competition’s purpose only.
A prize winner’s submitted pen name (or name) and hometown will be made public.
(Information such as age, gender, address details and email address will remain confidential.)

Copyrights

The copyright regarding the announcement and publication of the award-winning works, including the secondary use, remains with the Basho Museum.

Judges

Kai Hasegawa (Haiku poet, Haiku critic)
Naoko Fujita (Haiku poet, Supervisor of haiku circle and journal “Shurei”, Councillor of Association of Haiku Poets)
Dhugal J.Lindsay (Haiku poet, Marine biologist)

Prize

Each of the three judges awards a “Basho-an Award”.
Each of the three judges will choose ten other winners.

Organizer

Koto-ku Culture and Community Foundation
Basho Museum

Contact

basho-an2018@kcf.or.jp

第4回 芭蕉庵国際英語俳句大会 募集要項

参加対象者

年齢、国籍に関係なく誰でも応募できます。

応募期間

8/10(火)~11/10(水)の間に応募してください。(日本時間)

参加方法

  • 応募はこのコンテストのウェブサイトから、応募フォームで、提出してください。
  • 応募は一回につき、1句、最大10句まで。
    受付期間中は、複数に分けて応募できます。
    (可能なら、俳句に日本語訳をつけてください。必須ではありません。)
    季語が無くてもかまいません。1作品(俳句)につき、英語で、2~3行スタイルで作ってください。
  • 応募の際、参加者の名前、ペンネーム、現住所、性別、年齢、メールアドレスを書いてください。(性別、年齢は任意)
  • 応募する俳句は、応募者本人の未発表のものに限ります。
  • 英語俳句のスペリングの誤りは、事務所で訂正します。
  • 応募する俳句は、公序良俗に反しない内容とします。
  • 応募した俳句の変更、返却はできません。

料金

投句料は無料です。

結果

受賞者には2021年の12月末にメールで連絡します。

発表

賞はコンテストのウェブサイトと江東区文化コミュニティ財団の広報紙「カルチャーナビKOTO」(2022年2月)で発表します。
また、2022年の「第41回時雨忌全国俳句大会入選句集」に掲載します。

個人情報について

応募で提供された個人情報は、本大会以外には利用しません。
入賞者は、作品と、ペンネーム(または氏名)、居住地を公表します。
(年齢、性別、住所詳細、メールアドレス等連絡先は公表しません。)

著作権の取り扱いについて

入賞・入選作品の発表や出版に関する著作権は、二次利用を含め、江東区芭蕉記念館に帰属するものとします。

選者

長谷川櫂(俳人・評論家)
藤田直子(俳人・「秋麗」主宰・俳人協会評議員)
ドゥーグル・J・リンズィー(俳人・海洋生物学者)

各選者ごとの「芭蕉庵賞」(3作品)。賞品進呈。
各選者ごとの入選(10作品(予定))

主催

公益財団法人江東区文化コミュニティ財団
江東区芭蕉記念館

pagetop