深川江戸資料館
講座を受ける
講座情報 講座申込
施設を利用する
施設予約・空き状況

公演・イベント・展示

終了

伝統芸能公開

江戸庶民の語り物「新内流し」演芸

twitterfacebook

公演内容

開催日
2021/10/9(
開催時間
14:00~14:30
 
会場
深川江戸資料館 常設展示室内

イベント内容

切々とした哀調を特徴とし、心中物を中心に唄も三味線も泣くように語り弾き、江戸庶民の語り物としてたいへん親しまれた「新内節」をどうぞお楽しみください。

■新内とは…
新内節(しんないぶし)は江戸浄瑠璃の一つで、宮古路豊後掾が創始した豊後節の系統、鶴賀若狭掾(つるがわかさのじょう)の門弟・二代目鶴賀新内(つるがしんない)の美声が一世を風靡したことからその名になりました。当初は歌舞伎にも出演していましたが、やがて歌舞伎から離れ、流しや寄席といった営業方法をとるに至り、独自の発展を遂げました。代表作に「蘭蝶」「明烏夢泡雪」「伊太八」などがあります。

■出演 新内多賀太夫 ほか

■料金 常設展示室観覧料(大人400円、小中学生50円)に含む

※予約は不要です。直接お越しください。
 ただし、感染症対策のため、混雑時は観覧を制限させていただきます。

 

前のページに戻る全てのイベントから探す

PCサイト

pagetop