芭蕉記念館

財団ホーム芭蕉記念館企画展示

企画展示

企画展示一覧過去の企画展示

開催中twitterfacebookgoogle +

2020年度特別展「おくのほそ道美術館」-読む・歩く・創る―

期間
2020/6/1() ~2020/9/13(
時間
09:30~17:00
※入館は16:30まで。第2・4月曜日は休館、祝日の場合は翌日が休館。
※当初5月7日(木)から開幕の予定でしたが、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言、および東京都の緊急事態措置等に基づく区の方針により、5月31日(日)まで臨時休館いたします。それに伴いまして、特別展の開幕も6月1日(月)からに延期させていただきます。
会場
芭蕉記念館 2階展示室

展示内容

松尾芭蕉が約半年の旅を経て、著した紀行文『おくのほそ道』は、現在では日本のみならず、世界中の方々から愛されています。また、『おくのほそ道』にインスピレーションを受けた俳人や作家たちが、芭蕉の歩いた道をたどったり、俳句を詠んだりと、文学に留まらず、絵画や音楽など、ジャンルの垣根を越えて、新たな作品を多く生み出してきました。芭蕉の『おくのほそ道』と、それに魅せられた人々による『おくのほそ道』。その両方に焦点をあてた特別展です。

【主な展示内容】
1.「おくのほそ道」を読む
 ●『おくのほそ道』桝型素龍清書本【複製】 ●『おくのほそ道』永機本 ●『奥細道菅菰抄』 ほか
2.「おくのほそ道」を歩く
 ●俳文学者・久富哲雄 写真コレクション ●『絵入りおくの細道』(墨絵入り) ほか
3.「おくのほそ道」を創る
 ●漫画家・沖山潤「『奥の細道』と芭蕉」 ●山鹿文子布絵「おくのほそ道」 ●平成元年奥の細道300年記念「奥の細道」記念切手シリーズ ほか

※画像をクリックすると大きく表示されます

ミュージアムトーク2020年6月6日(土)14時~ *当日直接会場へ

観覧料金

料金
観覧料 一般200円(150円)、小・中学生50円(30円)
※( )内は団体料金。
  障害者手帳をお持ちの方とその介助者1名は半額

前のページに戻る

pagetop