ティアラこうとう
講座を受ける
講座情報 講座申込
施設を利用する
施設予約・空き状況

公演・イベント・展示

発売中

バレエ×声優

東京シティ・バレエ団 “セリフ付き”バレエ「ジゼル」舞踊

twitterfacebookgoogle +

公演内容

(C)Takashi Shikama
開催日
2019/5/26(
開演時間
15:00
(開場14:30)
会場
ティアラこうとう 大ホール

イベント内容

世界でも珍しい“バレエと声優”のコラボレーション公演 第2弾!!
昨年、前代未聞のコラボレーションとして大きな話題となり、物語を深く理解しながら楽しむことができるバレエ公演の先駆けとなった“セリフ付き”バレエ。
今年はロマンティック・バレエの代名詞「ジゼル」を上演します。セリフ・ナレーションが歌舞伎の“イヤホンガイド”のような役割となり、お子様や初心者はもちろん、バレエファンも一緒にお楽しみいただけます。
声優業界からは『THE IDOLM@STER』(天海春香)等で活躍中の中村繪里子さん等の出演が決定しました。舞台下手前方での声優陣の朗読の様子も是非お楽しみください。

演目:「ジゼル」全幕
音楽:アドルフ・アダン
脚本:大倉マヤ
芸術監督:安達悦子

主な出演
ナレーション
木村涼香

ジゼル
バレエ:斎藤ジュン / 朗読:中村繪里子

アルブレヒト
バレエ:福田建太 / 朗読:濱野大輝

ヒラリオン
バレエ:浅井永希 / 朗読:河崎文亮

ベルタ
バレエ:加藤浩子 / 朗読:木村涼香

バチルド
バレエ:小林あおい / 朗読:中村慈

クーランド公
バレエ:春野雅彦 / 朗読:岩川拓吾

ウィルフリード
バレエ:吉岡真輝人 / 朗読:小俣凌雅

ミルタ
バレエ:清水愛恵 / 朗読:中村慈

ほか
バレエ:東京シティ・バレエ団 / 朗読:洗足学園音楽大学声優アニメソングコース

※出演者は変更となる場合がございます。

※画像をクリックすると大きく表示されます

スタッフ照明:有限会社ハロ
音響:株式会社シグマコミュニケーションズ
大道具:有限会社ユニ・ワークショップ
衣裳:小栗菜代子
衣裳製作:工房いーち
舞台監督:橋本洋 淺田光久
主催公益財団法人江東区文化コミュニティ財団 ティアラこうとう
共同制作公益財団法人東京シティ・バレエ団 / 洗足学園音楽大学声優アニメソングコース
協力株式会社アーツビジョン / 株式会社プロダクション・エース / 株式会社 m&i
企画協力株式会社ディファレンス
「ジゼル」あらすじ第1
 踊ることが大好きな村娘ジゼルは、青年ロイスと愛を誓いあうようになり、幸せにあふれている。ジゼルの母ベルタは、心臓の弱い娘を心配し、胸をときめかせて踊り疲れぬよう、恐ろしい伝説を言い聞かせる。結婚前に命を落とした娘はウィリ(死霊)となって夜な夜な踊り狂い、通りかかった若者を死にいたらしめるのだ、と。
 ジゼルに思いをよせる森番のヒラリオンは、ある日、ロイスが実はアルブレヒトという名の公爵で、婚約者がいることをつきとめる。ヒラリオンがロイスの秘密を暴露すると、人を疑うことを知らないジゼルは錯乱し、アルブレヒトの腕の中で息絶える。


第2
 失意と後悔の念に打ちのめされたアルブレヒトは、月明かりの夜にジゼルの墓を訪れると、ウィリとなって現れたジゼルに、心から許しを乞う。そこへ打ちひしがれたヒラリオンがやってくるが、ウィリたちに踊り狂わされ、命を落とす。アルブレヒトもウィリ達に追い詰められるが、ジゼルはウィリたちの呪いからアルブレヒトを守り通そうとする。
 二人が真実の愛で通じ合ったとき、朝を告げる鐘とともにウィリたちは静かに消えていき、ジゼルの魂は天に召される。
 朝の光に包まれ、アルブレヒトは真実の愛と引き換えに、永遠の別れを心に刻む。

公演チラシ

チケット販売

発売日
2019/2/10() 10:00
料金
全席指定
一般 :S席4,500円 A席3,500円
友の会:S席4,000円 A席3,000円
こども:S席3,000円 A席2,000円(4歳~中学生)
当日学生席:2,000円(高校生~25歳)※当日残券がある場合のみ販売
対象年齢
4歳以上
申込方法
電話・窓口・インターネットで
※インターネットは、発売日翌日0:00より

チケット購入

取扱情報

備考・お願い
託児サービスあり
総合保育サービスのHAS(0120-834-988/平日10:00~17:00)
※お申込みの際は、最初に会場名(ティアラこうとう)をお伝えください。
 公演1週間前までにお申し込みください。
 先着順、就学前児対象。

前のページに戻る全てのイベントから探す

PCサイト

pagetop