財団ホームお知らせ

お知らせ

お知らせ一覧

【5月31日更新】施設利用に関する重要なお知らせ

施設利用

緊急事態宣言(3度目)の延長に伴う国・東京都・江東区の方針を踏まえ、以下のとおり対応を変更いたします。

■施設のご利用について【5月31日更新】
6月1日(火)~20日(日)は、夜間の新規予約受付を中止します。
施設のご利用にあたっては、利用人数は施設定員の半分以下、20:00終了(チケット販売等を伴うホール・劇場の利用は21:00終了)にご協力をお願いします。差額分は返金します。

また、この期間(午前・午後・夜間を問わず)、スポーツに類する目的でのご利用は自粛してください。

■深川江戸資料館・芭蕉記念館・中川船番所資料館の展示室について【5月31日更新】
6月1日(火)から、深川江戸資料館・芭蕉記念館・中川船番所資料館の展示室の観覧を再開します。

■新型コロナウイルスを理由とする特例措置(期限不問、郵送受付等の)全額還付(返金)について【5月31日更新】
区の方針に基づき、特例措置として、2021年4月9日利用分より2021年6月30日の申出分までを対象に、新型コロナウイルスを理由とするキャンセルについて、施設利用料を全額返金いたします。※7月以降の利用も対象になります。
※特例措置の還付受付方法につきましては次のリンク先をご覧ください。
施設利用キャンセル時の還付申請の受付

■窓口業務について【4月23日更新】
窓口業務については通常通り行っております。ご不明な点はお問い合わせください。

■施設利用料金の据置きを9月末まで延長します
各施設の利用料金は、2020年10月1日承認分より料金改定をしておりますが、新型コロナウイルス感染症の流行による施設の利用制限等の状況を勘案し、江東区の方針により、2021年3月31日までの利用につきましては、特例的措置として改定前料金を据置くこととしてきました。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の収束見通しが依然として立たない状況を鑑み、江東区の方針により、特例的措置の期間を2021年9月30日まで延長いたします。すでにお支払いの方には差額を返金いたします。
※差額返金の受付方法につきましては次のリンク先をご覧ください。
施設利用料金の特例的措置(改定前料金据置)の延長について

■施設利用時の感染拡大防止対策について
必要な感染予防対策(2のチェックリストの提出後に会場の鍵を開けます。)1.利用人数は施設定員の半分(『各施設の利用人数の上限一覧表』参照)以下とし、利用者間で、できるだけ2m(最低1m)以上の間隔を空けてご利用ください。
2.『施設利用にあたってのチェックリスト』を提出してください。
3.利用者全員の氏名と緊急連絡先を明記した名簿を作成し、利用日後3週間は適切に保管してください。また、利用者の内で、新型コロナウイルス感染症を発症した場合には、施設管理者に連絡してください。施設管理者、保健所等の公的機関に名簿を提供され得ることを事前に周知してください。

4.体温を測り、37.5℃以上の発熱、体調不良のほか、感染の疑いがある場合は、来館をお控えください。
5.マスクを着用してください。
※音楽スタジオ等練習室内においては、個人で楽器演奏をする場合にマスクを外してご利用いただくことができます。
6.入館時は手指の消毒をしてください。
7.利用者間で、できるだけ距離をとり、密集・接触を回避してください。

8.利用者は原則、常時換気をしてください。
9.当財団策定の「新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を守ってご利用ください。


【管楽器・吹奏楽器演奏時のマスク着用について】
横一列で一定方向を向き(対面にならない)、かつ2m以上の間隔をとる、かつ演奏中以外は着用するなど、感染予防対策を講じていただければマスクを外してご利用いただくことができます。合唱の場合はガイドラインP.18及び別紙をご確認ください。

【音楽スタジオ等練習室における個人利用について】
音楽スタジオ、音楽練習室、音楽室、練習室等を楽器演奏目的で個人利用する場合には、感染予防対策を講じていただければマスクを外してご利用いただくことができます。

【2020年12月1日以降】新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン

【2020年12月1日以降】ガイドライン別紙「ホール等における舞台上の感染防止対策について」

【2021年5月12日以降】各施設の利用人数の上限一覧表

【2021年5月12日以降】施設利用にあたってのチェックリスト

【2020年6月19日以降】利用者名簿(PDF)

【2020年6月19日以降】利用者名簿(エクセル)

一覧に戻る

pagetop