講座情報

講座一覧過去の講座

募集終了 twitterfacebook

【後期】ゆっくりと万葉集をたしなむ朝

講師
國學院大学・武蔵野大学兼任講師
伊藤高雄

開催期間
2022年11月8日() ~2023年3月7日(
講座実施日や時間等は状況に応じて変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
回数
後期7回
開催日
2022年11月8日(巻1の29~33 柿本人麻呂・高市黒人の近江荒都歌
2022年11月22日(巻1の34・35 川島皇子・阿閉皇女の旅の歌
2022年12月6日(巻1の36~39 柿本人麻呂の吉野讃歌
2023年1月17日(巻1の40~44 柿本人麻呂の伊勢留京歌など
2023年2月7日(巻1の45~49 柿本人麻呂の阿騎野宿営歌
2023年2月21日(巻1の50・51 藤原宮の役民の歌・志貴皇子の歌
2023年3月7日(巻1の52・53 藤原宮の御井の歌
時間
9時30分~11時00分
会場
古石場文化センター 第1・2研修室 
備考

江東区文化コミュニティ財団では、講座実施に際し、江東区の方針に基づく財団ガイドラインにより、新型コロナウイルス感染症拡大防止に最大限努めます。ご協力をお願いします。

①検温 来館前に検温をお願いします。発熱、体調不良等の場合、出席をご遠慮ください。

②マスク着用 マスクを着用して受講ください。

③手洗い、アルコール消毒 受講の前後に手洗い、アルコール消毒を行ってください。

④受講生同士の間隔確保 接触を防ぐため座席の間隔を空けています。

⑤換気の徹底 空調設備による常時換気とともに、ドア・窓を定期的に開放して、換気をしています。

⑥受講生名簿の扱い 感染発生等の場合、保健所等の公的機関にお名前・連絡先を提供することがあります。

内容

生活に停滞感が漂う今日この頃、心の安寧を保つために、万葉集を学ぶ機会を持ってみませんか。現存する最古の和歌集である万葉集を読み、そこに広がる日本人の心の原点に触れてみましょう。

※本講座は継続講座です。定員に達しているため、後期の募集はいたしません。

講座申込

申込方法
後期の募集はありません
対象
一般成人
定員
25人【募集】無し
受講料
6,600円(後期7回分)
教材費
200円(後期7回分)
問い合わせ先
古石場文化センター
電話番号:03-5620-0224
FAX :03-5620-0258

前のページに戻る全ての講座から探す