古石場文化センター

財団ホーム古石場文化センター講座情報

講座情報

講座一覧過去の講座

募集終了twitterfacebookgoogle +

【後期】洲崎球場-江東区が生んだプロ野球の「聖地」、そして光と影-

講師
『洲崎球場のポール際 プロ野球の聖地に輝いた一瞬の光』(装幀者・三村漢)著者
森田 創

開催期間
2018/10/21() ~2018/12/9(
講座実施日や時間帯等は変更になる場合があります。
あらかじめご了承ください。
回数
全5回
開催日
2018/10/21(「なぜプロ野球、そして洲崎球場ができたのか?」
2018/11/4(「海水がグラウンドに侵入?ボールが土に埋まる!前代未聞のオンボロ洲崎球場」
2018/11/18(「満員札止めで東京湾から球場へ侵入!師走を震わせた『洲崎シリーズ』の興奮」
2018/12/2(「初めての日本シリーズで見せた沢村・景浦の一騎打ち!洲崎球場が生んだ『巨人阪神・伝統の一戦』」
2018/12/9(「『洲崎球場のポール際』-時代に消え、そして戦地に消えた洲崎球場と名選手たち」
時間
10:30~12:00
会場
古石場文化センター
講座番号
240427

内容

ご存知ですか、プロ野球専用球場が江東区東陽にあったことを。
昭和11年に誕生し、わずか1年7ヶ月で幕を下ろすことになった謎の球場。
沢村栄治、スタルヒンなど伝説の名勝負を残す一方、埋立地に建てられた球場には水没コールドゲームもあったとか。
忘れられた球場に紡がれた笑いと感動に満ちた物語を綴った作者が、本には書けなかった裏話も含めてご案内します。

講座申込

申込区分
【抽選】
※定員を超えた場合は抽選で受講者を決定します。また、定員に達していない場合は、募集期間後も先着順で受付いたします。
申込方法
インターネット・はがき・携帯・電話・FAX・窓口
申込期間内にお申込みください。先着順ではありません。
申込期間
2018/9/9()~2018/9/24(
対象
一般成人
定員
30人 ※本講座は総合的な判断の元、定員を超えて受け入れる可能性があります。
受講料
4,400円(全5回分)
教材費
1,400円(全5回分。書籍含む)
問い合わせ先
古石場文化センター
電話番号 :03ー5620ー0224
FAX  :03-5620-0258

前のページに戻る全ての講座から探す

pagetop