森下文化センター

財団ホーム森下文化センター講座情報

講座情報

講座一覧過去の講座

先着受付中twitterfacebookgoogle +

【後期】疫病と日本美術

講師
早稲田大学文学学術院教授
山本聡美

開催期間
2020/11/4() ~2020/12/2(
講座実施日や時間帯は変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
回数
後期3回
開催日
2020/11/4(第1回
2020/11/25(第2回
2020/12/2(第3回
時間
14:00~15:30
会場
森下文化センター 第1・2研修室
講座番号
260372

内容

今、全世界が新型コロナウイルスの影響を大きく受けている。人類には疫病に悩まされてきた長い歴史があり、古代・中世日本の絵画にも、疫病による被害や疫病沈静の願いが描かれている。この講座では美術を介して、かつての日本社会が疫病とどう向き合ってきたのかを学ぶ。

画像:葛飾北斎「朱描鍾馗図」(メトロポリタン美術館)

講座申込

申込区分
抽選

※定員を超えた場合は抽選で受講生を決定します。

また定員に達していない場合は、募集期間後も先着順で受付いたします。
申込方法
インターネット・はがき・携帯・電話・FAX・窓口
申込期間内に、インターネット・窓口・電話等でお申込みください。先着順ではありません。
申込期間
2020/9/10()~2020/9/24(
対象
一般成人 15歳以上(中学生を除く)
定員
30人 ※本講座は総合的な判断のもと、定員を超えて受け入れる可能性があります。
受講料
4,700円
教材費
300円
問い合わせ先
森下文化センター
電話番号:03ー5600ー8666

前のページに戻る全ての講座から探す

pagetop