森下文化センター

財団ホーム森下文化センター講座情報

講座情報

講座一覧過去の講座

募集終了twitterfacebookgoogle +

【後期】 伊東深水 美の系譜

講師
鎌倉市鏑木清方記念館 学芸員
今西彩子ほか

開催期間
2018/1/27() ~2018/3/17(
講座実施日や時間帯などは変更になる場合は変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
回数
後期5回
開催日
2018/1/27(「鏑木清方と伊東深水 -浮世絵系美人画の系譜」
2018/2/3(「伊東深水~女性美を極めた男」
2018/2/24(「浮世絵末流の近代 清方から深水へ」
2018/3/3(「伊東深水と新版画」
2018/3/17(「伊東深水と山川秀峰」
時間
14:00~15:30
会場
森下文化センター 第2・3会議室
講座番号
230573

内容

美しくやわらかな作風の画家、伊東深水は江東区で生まれました。 

 深水は、少年時代に二十歳年の離れた鏑木清方に入門し、歌川派浮世絵の伝統の流れを汲む清方の元で挿絵や版画の技法を学び、生涯数々の名作を残しています。

 2018年に伊東深水生誕120年、師である鏑木清方生誕140年を迎えます。

 二人の交流を出発点に、各分野の講師が時代背景からその生涯、数々の作品について解説します。


●1月27日(土)今西彩子 (鎌倉市鏑木清方記念美術館 学芸員)

「鏑木清方と伊東深水 -浮世絵系美人画の系譜」
鏑木清方と弟子・伊東深水の画業や二人の関わりを中心に解説。

●2月3日(土)中千尋 (日本画家・日本舞踊家 (花柳中太郎))
「伊東深水~女性美を極めた男」
日本画家の視点で斬る美人画。深水作詞の「辰巳よいとこ」舞踊実演も。

●2月24日(土)篠原聰 (東海大学 准教授) 
「浮世絵末流の近代 清方から深水へ」
大正期の美人画と郷土会や伊東深水の画業について。

●3月3日(土)角田拓朗 (神奈川県立歴史博物館 主任学芸員)
「伊東深水と新版画」
深水の新版画の作例を中心に、彼の多彩な魅力に迫る。

●3月17日(土)吉井大門 (渋谷区立松涛美術館 学芸員)
「伊東深水と山川秀峰」
鏑木清方の弟子であった伊東深水と山川秀峰が目指した日本画における人物表現について解説。

 

前のページに戻る全ての講座から探す

pagetop