芭蕉記念館

財団ホーム芭蕉記念館お知らせ

お知らせ

お知らせ一覧

2018年度 芭蕉記念館投句箱 入選作品発表!

その他

芭蕉記念館 投句箱へ投句、どうもありがとうございました。

たくさんの投句の中から、今年度の入選作品を発表いたします!

全国から来館された皆さまのステキな一句、キラリと光る感性あふれるこどもたちの作品まで、ぜひご覧ください。

(投句期間:2017年9月24日~2018年9月23日)

 〈一般の部〉

躑躅燃ゆ築地に古き染み抜き屋    兵庫 岩水ひとみ
ゴーヤがねつるをトマトに巻きつける 東京 牛窪裕子
ランナーの影の跳びゆく春の川          埼玉 佐藤隆夫
鳩の影鳩の形して春うらら      埼玉 佐藤隆夫
弁当に鳩の寄り来る花堤       埼玉 佐藤隆夫
有り余る好奇心持て夏帽子      兵庫 田中順子
砂壁や冷房ほしき展示室       埼玉 千野千佳
路地裏や聖歌が混じる赤提灯     東京 中山多木夫
母の待つ庭に三つ四つ木守柿     東京 中山多木夫
両手上げ蜻蛉の群に混りたし     東京 中山多木夫
地に伸びる子の影長し冬夕焼     兵庫 藤井隆人
透き通る羽が時待つ夏の夜      千葉 松井陽子
夏野菜パリポリパリポ朝の風     東京 馬渕旅眠
月影にたぐり寄せたる夫の顔     東京 吉田珪子
月の下響く水面にオリオン座     東京 吉田悠樹彦

〈こどもの部〉

てんたかくますます父がこゆる秋   大野丈(6歳)
うんていのちかくでそまるもみじかな おたのりゆき(8歳)
ごくごくとあやかしがのむ麦茶かな  水澤響希(10歳)
松尾芭蕉俳句つくるの上手だな    井手詩音(11歳)
秋の蚊や羽音をたてて夜を舞う    本田夏乃(11歳)
川ぞいの芭蕉の句にはせみの跡    西優海(14歳)


※敬称略。一般の部は五十音順、こどもの部は年齢順です。




あなたも投句してみませんか ♪
投句箱は、芭蕉記念館庭園の築山の上と、芭蕉庵史跡展望庭園入り口に設置しています。投句用紙は、本館ロビーに用意していますが、用紙種類等の指定はありません。
投句作品の他、居住地(住所不要)、お名前(年齢)、投句日、HPへの掲載可否を必ず書いてくださいね。来年の発表もどうぞお楽しみに!

2018年投句箱入選作品

一覧に戻る

pagetop