亀戸文化センター

財団ホーム亀戸文化センター事業紹介かめいどらぼ

事業紹介

かめいどらぼ

かめいどらぼ

さまざまな世代で作るひとつの舞台

舞台芸術に親しんでいただくため、亀戸文化センターが開館当初から企画・制作・実施している舞台創作事業です。
さまざまな世代の参加者が集い、交流し、協力しながらひとつの舞台作品を作ります。

活動予定

活動報告

今までの公演

「かめいどらぼ」は、亀戸文化センターが開館した平成12年度から始まりました。
初年度は区内の自主グループが合同で朗読劇を上演。
3年目からはプロの演出家を招いてワークショップを実施し、その後舞台出演のためのオーディションを実施して出演者を選抜しています。
演劇には舞台セットや小道具などが必要なため、ボランティアスタッフも同時に募集し、手作りで舞台をつくっています。

平成13年(2001) 2月18日(日)
朗読劇 絵とことばでつづる本所七不思議

~宮部みゆき「本所深川ふしぎ草紙」より~
演出:由布木一平(演出家・グループ深川講師)
出演:朗読グループ深川(自主グループ)12名
映像:江東きりえの会(自主グループ)3名
展示:鬼平熱愛倶楽部(自主グループ)
シアタートーク「演出家の仕事・宮田慶子(劇団青年座)」
2月11日(日)

平成14年(2002) 3月2日(土)
朗読劇 舞台で見るラジオドラマ「ダンシング・イン・ザ・ダーク」

作・演出:竹内日出男(脚本家・元NHKドラマディレクター)
対談「ラジオドラマの仕事」(竹内日出男、箱崎敏行、大和定次)
出演:オーディション合格者8名

平成15年(2003) 3月2日(日)
朗読劇 「あなたへ いまを綴る手紙」

構成・演出:藤井清美(劇団青年座)
出演:オーディション合格者15名

平成16年(2004) 2月29日(日)
朗読劇 「トマドイの頃」

構成・演出:藤井清美(劇団青年座)
出演:オーディション合格者17名

平成17年(2005) 2月27日(日)
演劇 「3,150万秒と、少し」

作・演出:藤井清美(劇団青年座)
出演:オーディション合格者29名(演劇 22名、朗読7名)

平成18年(2006) 3月19日(日)
演劇 「空の耳~Big meを探せ~」

作:永井愛
演出:藤井清美(劇団青年座)
出演:オーディション合格者20名

平成19年(2007) 2月18日(日)
演劇 「煙が目にしみる」

作:堤泰之
演出:藤井清美(劇団青年座)
出演:オーディション合格者12名
助成 財団法人地域創造

平成20年(2008) 2月24日(日)
演劇 「女たちのジハード」

原作:篠田節子
脚本:篠原久美子
演出:井上思
出演:オーディション合格者16名
助成 財団法人地域創造

平成21年(2009) 2月22日(日)
朗読 読みがたり「久保田万太郎の世界~古き良き日本の言葉~」

構成・演出:井上思
出演:オーディション合格者14名
助成 芸術文化振興基金

平成22年(2010) 2月21日(日)
演劇 「親の顔が見たい」

作:畑澤聖悟
演出:井上思
出演:オーディション合格者13名
助成 芸術文化振興基金

平成23年(2011) 2月20日(日)
演劇 「マクベスの妻と呼ばれた女」

作:篠原久美子
演出:森さゆ里(文学座)
出演:オーディション合格者16名

平成24年(2012) 2月19日(日)
朗読 「置いてけ堀」

作:宮部みゆき
演出:森さゆ里(文学座)
出演:オーディション合格者11名

演劇「亀戸朝日町商店街」

作:大矢場智之
演出:森さゆ里
出演:オーディション合格者12名

平成25年(2013) 2月17日(日)
演劇 「亀戸版 動物農場」

作:ジョージ・ウォーエル
演出・台本:小林志郎(東京学芸大学名誉教授)
出演:オーディション合格者13名
助成 芸術文化振興基金

平成26年(2014) 2月16日(日)
演劇 「ワイルダーと鶴屋南北『みんなのわが町』」

作:小林志郎・小熊みどり
演出・台本:小林志郎(東京学芸大学名誉教授)
出演:オーディション合格者15名
助成 芸術文化振興基金

平成27年(2015) 2月15日(日)
朗読劇 「鰹千両」宮部みゆき作/「漆喰くい」高田郁作

演出:菅原道則(演出家)
出演:オーディション合格者8名
助成 芸術文化振興基金

平成28年(2016) 2月21日(日)
朗読劇「金五十両」「おもかげ」「おれの女房」

作:山本周五郎
演出:菅原道則(演出家)
出演:オーディション合格者14名
助成 芸術文化振興基金

pagetop