江東区文化センター

財団ホーム江東区文化センターイベント情報

イベント情報

イベント一覧過去のイベント

中止twitterfacebookgoogle +

春のぶんか祭

「能」の“舞”でエクササイズイベント

詳細

武田祥照
武田祥照
開催日
2020/3/8(
開催時間
①10:00 ②10:30
③11:00 ④11:30
⑤13:00 ⑥13:30
⑦14:00 ⑧14:30

各回30分
会場
江東区文化センター 2階 展示室

イベント内容

≪参加費無料≫
「能」の“舞”の動きを使って体を動かすエクササイズです。
《骨盤》の特殊な使い方や、すり足など、普段の生活では意識して使うことのない動きを用いることで、姿勢もまっすぐになり、心も体もリフレッシュできます。
是非お試しあれ。

※画像をクリックすると大きく表示されます

講師観世流能楽師 武田祥照

経歴
1987年3月19日生まれ。
観世流能楽師 武田尚浩の長男。
武田家は江戸期より続く能楽の家。
1989年 2歳にて初舞台を踏み、以後父の指導のもと、斯道を歩む。
1997年 NHK教育テレビ「あったかい背中」に出演。能楽師の子供の教育を特集される。
2007年 日中国交正常化35周年記念北京公演に出演。
2010年 慶應義塾大学文学部国文学専攻卒業。
2014年 国立劇場おきなわ開場10年記念 沖縄公演に出演。
現在、一般社団法人能尚会理事。
青山学院大学非常勤講師。
年間140ほどの公演に出演し、年間30回ほどのワークショップ、講義活動を行う。
その他、2012年より山梨県東桂保育園にて園児に謡い、仕舞いの指導を行う。
2012年より八王子福伝寺にて観月会と題し、能と瞑想のワークショップを行う。
2013年より福島からの避難者支援の一環としてさいたま新都心にて能楽講座を開講。
持ち物・白いソックス、または白足袋
・動きやすい服装

前のページに戻る全てのイベントから探す

pagetop