ティアラこうとう

財団ホームティアラこうとう事業紹介くるみ割り人形

事業紹介

ジュニアバレエ教室ジュニアオーケストラアウトリーチくるみ割り人形ティアラこうとう合唱団芸術提携団体

くるみ割り人形

夢いっぱいの舞台を!

ティアラこうとうの「くるみ割り人形」は、オーディションで選ばれた「ティアラ“くるみ”の会」のこどもたちと、江東区芸術提携団体である東京シティ・バレエ団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、江東区文化センターで育った江東少年少女合唱団が一つになって作り上げる舞台です。江東区に生まれ育った石井清子氏(構成・演出・振付)を中心に、毎年クリスマスシーズンに上演を重ね、今ではすっかり江東区の冬の風物詩として定着しています。
1986(昭和61)年、江東区文化センターで「区民による手づくりバレエ『くるみ割り人形』としてスタートし、1994(平成6)年のティアラこうとうオープンに合わせてオーケストラ、合唱とともに上演する本格的なバレエ公演となりました。
30年の歴史があり、80公演以上を重ねてますます発展していく江東区の「くるみ割り人形」。
これからも夢いっぱいの舞台をお届けいたします。

ものがたり

今夜はクリスマス・イヴ。客間ではクリスマス・パーティーが行われています。こどもたちはドロッセルマイヤーおじさんからのプレゼントに大喜び。クララは「くるみ割り人形」をもらいました。いたずらな兄のフリッツがくるみ割り人形を壊してしまいますが、おじさんが白い布で手当てをしてくれました。パーティーが終わり、クララはソファーでくるみ割り人形を抱いたまま眠ってしまいます。時計が真夜中の12時を知らせると・・・不思議な夢の物語が始まります。

活動予定

活動報告

オーディション

●時期
8月上旬 ※申込期間・締め切りは、カルチャーナビKOTO6月号、またはホームページでご確認ください。
●会場
ティアラこうとう大ホール
●対象
・小学生以上18歳未満の区内在住・在学または区内バレエスタジオ所属を基本とする3年以上のバレエ経験者
(中学生以上の部は5年以上) ※区外からの参加も可
・毎週日曜日のリハーサル及び舞台リハーサルに参加できる方
※リハーサルに参加できない場合、オーディション後でも出演を取り消す場合があります。
●審査員
東京シティ・バレエ団理事、舞踊評論家、「ティアラ“くるみ”の会」指導者
●参加費
1,000円
●申込方法
往復はがきに下記内容を記入の上、ティアラこうとうへ郵送
①本人氏名(フリガナ)
②性別
③年齢
④学年
⑤経験年数
⑥身長
⑦所属バレエスタジオ
⑧保護者名
⑨住所
⑩電話番号

公演情報

●公演名
東京シティ・バレエ団/ティアラ“くるみ”の会 くるみ割り人形
●公演日
12月中旬~下旬
●公演回数
3公演
●会場
ティアラこうとう大ホール

まち★くるみフェスティバル

ティアラこうとう近隣のカフェ、食事処、菓子店、生花店など地域の商店と協力したフェアです。

①まち★くるみクーポン
公演チケット、または期間中に区内で配布しているクーポンを提示すると、各店舗でお得な特典がご利用いただけます。
②まち★くるみショップ
「くるみ割り人形」公演期間中、大ホール入口で「くるみ割り人形」の「お菓子の国」にちなんだミニショップがオープン。お菓子やお花などの販売を行います。

30年のあゆみ

第1回 1986年(昭和61)
「区民による手づくりバレエ 『くるみ割り人形』」  会場:江東区文化センター 2公演
第9回 1994年(平成6)
ティアラこうとう開館 東京シティ・バレエ団、江東少年少女合唱団が参加 会場:ティアラこうとう大ホール 2公演
第10回 1995年(平成7)
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団が参加
第19回 2004年(平成16)
3公演(以降現在まで3公演実施)
第20回 2005年(平成17)
まち★くるみフェスティバル開始
第22回 2007年(平成19)
障がい者対象公開リハーサル開始
第23回 2008年(平成20)
「江東区でバレエを育てる会」から「ティアラ“くるみ”の会へ」名称変更
第29回 2014年(平成26)
3公演のうち1公演を「東京シティ・バレエ団特別バージョン」として実施
第30回 2015年(平成27)
第30回記念公演

お問い合わせ

〒135‐0002 東京都江東区住吉2‐28‐36
公益財団法人 江東区文化コミュニティ財団 ティアラこうとう
くるみ割り人形担当
TEL03-3635-5500

pagetop